staff-blogスタッフブログ

2021年活動報告

私たち「ゆめさぽ」は何らかの事情で親と離れて暮らす子どもたちを支援すべく

「進学応援プロジェクト」を主体として発足した一般社団法人です。

2021年4月の団体発足会見を皮切りに、各関連団体への啓蒙活動に注力してまいりました。

これまでに学生たちとのSDGsコラボレーション企画して、大阪調理製菓専門学校(DAICHO/ダイチョー)と

株式会社サニーサイドと協業企画を実施。

DAICHO生が考案したパンメニューを人気ブーランジェリー「サニーサイド」の一部店舗で販売。

その売上の一部を、児童養護施設へ寄付する取り組みを継続的に実施しています。

その他、WEBサイトやSNSを通じて、施設で暮らす子どもたちの実態を投稿し

親元を離れて暮らす子どもたちへの理解の輪を広げています。

令和3年12月1日(水)には1周年記念 座談会を開催。

当事者として進学に悩んだ方々が実体験をリアルに語りあい

考えを深めるイベントとなりました。

また、3月からは活動支援やイベント開催におけるプロジェクト支援のため

クラウドファンディングも実施。3月27日には代表理事田中れいかの出版記念講演も開催し、活動の輪を広げています。

2021年の支援者数は45名(大阪市は16名)、支援額は315万円となってお

喜びの声も多数いただいております。

今後も精力的に活動を行い、支援の輪を広げていきたいと考えております。

支援や里親だけでなく、多くの人が子どもたちのサポーターとなることで守れる未来があると信じています。

2022年は映像コンテンツで定期配信(代表理事と関連団体や当事者、児童養護施設出身者との対談)

ランドセルプレゼントプロジェクト、児童養護施設向けのオープンキャンパスの実施なども進めてまいります。

寄付について

寄付の金額や方法、申し込みに関して詳しくは『こちらのページ』をご覧ください。